仲介手数料を無料に!仲介手数料を節約する方法!仲介手数料無料見積り!

仲介手数料について

なぜ仲介手数料を無料にできるのですか?
一般的な不動産仲介会社は通常、売主様と買主様の両方から仲介手数料を受領しています。
当社は、売主様から仲介手数料を受領できれば、買主様から仲介手数料をいただかなくても、それで十分だと考えています。
加えて、インターネットでお客様にご自分で物件探しをしていただくことで無駄に紙媒体の折込広告の経費をかけない方針と、過剰な営業スタッフの無駄や販促経費を少なくする等の企業努力によって、その分お客様に仲介手数料の最大無料サービスで還元していこうというスタイルです。
本来の仲介手数料はいくらになりますか?
売主・買主とも計算方法は同じです。仲介手数料は法定上限額が決められており、物件が400万円を超える場合、物件価格×3%+6万円×1.08(消費税)の計算方式です。
(参考例4000万円(税別)の新築物件の購入の場合、4000万円×3%+6万円×1.08%=1,360,800円が買主様の負担額です)
この場合の1,360,800円の仲介手数料が仲介手数料無料ラボでは最大無料~半額以下でお手伝いさせていただけます。
物件を買わなかった(契約しなかった)場合は、手数料等費用は発生しますか?
いいえ。物件の売買契約をした段階ではじめて発生いたしますので、契約に至らない場合、費用は0円です。
仲介手数料が無料でも、他に何か費用がかかりませんか?
一般的な諸費用は必要となります。
※登記費用や銀行ローン費用、火災保険料、印紙代等、一般的にかかる諸費用は他の不動産業者様と同様に必要です。
諸費用額は物件や住宅ローン額等、お客様ごとに異なります。(物件価格の約6%~8%位)
当社の場合は仲介手数料が割引サービスされているため、お客様の金銭的ご負担がかなり軽くなり、その分節約できるので大変お得です。
仲介手数料が無料なのは魅力的ですが、なんとなく不安があります。本当に大丈夫なのでしょうか?
正直お客様が不安に感じるのは仕方がないことと思いますが、当社のシステムをご理解いただければ、ご納得いただけると思います。
現状では、大半の業者は当然のように、買主様と売主様の両方から仲介手数料の上限額いっぱいを請求しているのですが、当社は取引内容や業者側の仕事量によってはサービス(価格調整)してもよいのではと感じています。
仲介手数料が無料であっても、業務内容・契約内容・取引方法は大手や一般的な仲介業者と特に変わりはありません。もちろん価格下げ交渉もいたしますし、もしお客様に不利な内容がある場合は、きちんと事前にお伝えもいたします。
ただ、お客様自身でパソコンやスマホであらかじめ物件を探していただくという事を前提としていますので、パソコンやスマホが使えない方には、残念ながら当社のサービスは向いていないかもしれません。
それでもやはり不安に思われる方や、仲介手数料を支払う代わりに物件を探してもらいたい方は、他の業者様に依頼されることをオススメいたします。
しかし結局は、取り扱える物件は同じですし、何度も申し上げますが、本当に契約内容や業務内容、住宅ローン取次業務、アフターサービスは他所と変わりはありません。